ぼっちぶろぐ

Apple製品などのガジェット、インテリア、車などに興味がある大学生です。

高品質 AirPods pro シリコンケース Miracase レビュー

最近、AirPods Proをケースごと落としてしまうことが…。

気をつけてはいるのですが、ポロッと落ちてしまいます。

ケースにも細かいキズが見られるようになってしまいました。

そこでついにケースをつけることにしました。

ただせっかく見た目がシンプルなAirPods Proですから、

ケースもできるだけシンプルなものをつけたいと思いまして。

そこで私が選んだのが、

Miracase AirPods Pro シリコンケース

 

 

 

開封レビュー 

早速開封していきます。

パッケージはこのようになっています。

f:id:b46krow:20200119144658j:plain

中身を取り出すとこんな感じ。

上下が完全に分離しているタイプです。

f:id:b46krow:20200119150727j:plain

 

シリコンタイプで、肌触りのいいものとなっています。

 

製品特徴(Amazonより)

〇食品グレードの液体シリコーンを採用、ファッションのデザインと素材安全

〇PC材--液状シリコン--ソフトタッチ塗装のトリプル構造で耐衝撃性が抜群

〇セパレートタイプ、異なる色に組みあわせてもOK

〇濡れた布で拭けるだけ、汚れが簡単に拭け取れる

〇特製シリコン内輪付き、ケースが紛失しない

〇柔らかい感触、色あせ・指紋・傷防止

 

 

本体に装着

装着は、本体にはめるだけでとても簡単です。

心配だったのが、上下が完全に分離しているタイプなので、

取れやすいのではないかという心配だったのですが、

いまのところバッグの中に無造作に入れていても、

取れてしまうなんてことはありません。

f:id:b46krow:20200119150804j:plain

 

ケースのヒンジ部分はくり抜かれていますので、

開閉は全く問題ありません。

f:id:b46krow:20200119150914j:plain

 

開くとこのような感じ。

ステータスランプもきちんと見えるようになっています。

f:id:b46krow:20200119150830j:plain

 

Lightningコネクタ部分はかなりピッタリめにつくられています。

Apple純正のLightningケーブルなら問題ありませんが、

他社製の接続部分が太いものだと干渉してしまう恐れがあるので、

注意が必要です。

f:id:b46krow:20200119150854j:plain

 

ワイヤレス充電にも対応しています。

f:id:b46krow:20200119151103j:plain

 

シンプルで高品質のケース

シリコン素材で肌触りも良く、衝撃も吸収してくれそうです。

カラビナなどはついていないので、

シンプルさを重視する方にとっては良いと思います。

またホコリがつきにくく、付着しても指で拭えば簡単に取れるので、

かなり高品質であると思います。

値段もお手頃なのでおすすめの商品です。

 

 

 
AirPods Pro 関連記事はこちら

【iPhone】ケースはつけたくない、でも裸で使うのは嫌。そんなあなたにスキンシール dbrandという選択肢

 

1:iPhone ケースをつける派ですか?裸で使う派ですか?

これにはいろいろ意見があると思いますが、僕自身はどっちもでもない派です。

ケースがないと不安なのは確かです。

どうしても使っているうちにキズはついてしまうものですから。

万が一落下したときにも安心です。

ただ、iPhoneはやはり裸のままがいちばんカッコイイと思うのです。

でもやっぱり裸じゃ不安…。

そんな僕みたいな方もいるでしょう。

 

2:iPhoneに貼るスキンシール dbrand

現在ぼくが使っているのが dbrand のスキンシールというものです。

スキンシール、iPhoneに貼るカッティングシートのようなものです。

ただ、シールと聞くと、貼ったときの仕上がりが不安ですよね。

ご安心を。

dbrand。正直初見の人はシールだなんて分からないレベルに仕上がりがいいです。

f:id:b46krow:20191119231905j:plain

iPhoneXS マットブラックのスキンシールを貼った状態

このように、iPhone本体のデザインを活かしつつ、iPhoneのイメチェンが可能です。

ボディを傷から守れます。そしてケースと違って厚みが全然ないので、持ちやすさ

は裸の状態と変わりません。

f:id:b46krow:20191119232703j:plain

カメラレンズ周りのスキンシールもついてます

 

3:dbrandスキンシールの購入方法

dbrandは海外の販売サイトです。サイトの言語も全て英語です。

しかしご安心を。手順どおりに進んでいけば簡単に購入できます。

 

①dbrandのサイトにアクセス

dbrand.com

 

iPhoneを選択し、機種を選択

f:id:b46krow:20191119235058p:plain
f:id:b46krow:20191119235125p:plain

 

③背面のスキンのデザインを選択。すると左のイメージに適用されます。

f:id:b46krow:20191119235542p:plain
f:id:b46krow:20191119235613p:plain

 

④本体のAppleマークの部分が見えるようにするかどうか選択し、Applyをクリック

f:id:b46krow:20191120000144p:plain
f:id:b46krow:20191120000216p:plain

 

⑤カメラのレンズ周りのスキンのデザインを選択し、Applyをクリック

f:id:b46krow:20191120000334p:plain
f:id:b46krow:20191120000813p:plain

 

⑥先へ進み、メールアドレス・名前・住所・郵便番号・電話番号を入力し、

支払い方法を選択。情報を入力し、完了。

住所は全てアルファベットで大丈夫です。

順番も多少変でも届くと思います。

f:id:b46krow:20191120000948p:plain
f:id:b46krow:20191120001016p:plain

 

現時点(2019/11/20)では、背面スキンは12.95$ カメラレンズ周りのスキンは0.95$

合わせて、日本円で約1500円ですね。

 

しかも、スキンシールは側面もカバーするタイプ・背面のみをカバーするタイプ

の2種類届きます。

それで1500円なのでかなりお得ではないでしょうか。

f:id:b46krow:20191120001955p:plain

 

4:貼り方は公式の動画で

dbrand、親切なのが貼り方を説明している公式動画があることです。

dbrand.com

 

www.youtube.com

dbrandスキンシールは、貼るのが少しむずかしいので、これはかなりありがたいです。

 

5:側面を覆うタイプのスキンシールはあまりオススメしない

2種類届くうちの、側面を覆うタイプのスキンシール。

背面も含めて全て保護してくれ、見た目的にもすっきりしていいのですが、

側面の角の隙間などにホコリが付着し、そこから剥がれやすくなってしまう、

という弱点があります。

僕は最初このタイプを貼って使用しましたが、

1ヶ月ほどで剥がれが目立ち使用をやめ、

背面のみ覆うタイプに貼り替えました。

(僕の貼り方が良くなかったせいもあるかもしれません)

背面のみを覆うタイプの方が貼るのが簡単ですし、

耐久性もあると思います。

 

 

以上、iPhoneのスキンシール、dbrandの紹介でした。 

【AirPods Pro 使用1ヶ月レビュー】 良いところと悪いところ

AirPods Proを使い始めて1ヶ月以上が経ちました。

1ヶ月使ってみて、いろいろと分かってくることがありますね。

そして当初感じていた不満が解消されたり、

逆に新たな不満が生まれたり…。

ということでAirPods Pro 使用1ヶ月レビューを書いていきます。

 

AirPods Proの記事はこちらから。

b46krow.hatenablog.com

b46krow.hatenablog.com

b46krow.hatenablog.com

 

良いところ

つけ心地はクラス最高レベル

f:id:b46krow:20191115142534j:plain

AirPods Pro はカナル型のイヤホンです。

カナル型イヤホン、個人的に耳に合わないものが多く、

つけていてとても疲れてしまうことが多いのですが、

AirPods Proは一切そんなことはありません。

このつけ心地の良さは感動します。ほんとに。

 

悪いところ 

イヤホンで音量調整ができない

個人的にAirPods Proの最大のデメリットがコレですね。

AirPods Proは本体をつまむことで操作が可能ですが、

可能なのは曲送り・戻し・再生・停止などだけとなっており、

音量調整はできません。

そんなことかよっ、と思われる方も多いかもしれませんが、

僕のとってはかなり不満点ですね。

 

ノイズキャンセリング、高音域が弱い問題は気にならない?

b46krow.hatenablog.com

こちらの記事で、ノイズキャンセリングは低音域に重点的で、

高音域に関しては弱いというバランスの悪さが気になると書きました。

最初はこのバランスの悪さが気持ち悪くなってしまうというレベルでした。

しかし1ヶ月が経ちかなり慣れてきて、あまり気にならなくなってきました。

ただやはり高音域は弱いので、人の話し声は結構入ってきてしまいますね。

 

つまんで操作は面倒くさい?

AirPods Proは本体をつまんで操作をします。

b46krow.hatenablog.com

こちらの記事ではそれが面倒くさいと書きましたが、

こちらの問題も1ヶ月使用して慣れたことで解消されました。

つまむ操作が必要なので、誤作動も少なくなり安心です。

 

 

AirPods Proは買い?

ということでAirPod Proの1ヶ月使用レビューでした。

やはり全体的な完成度・満足度は高いです。

買いのイヤホンだと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。